なんて悲しい卒業文集なんだ・・「雨ニモマケズ」のパロディ版なのに悲しすぎる! ネット上では同情の嵐!

2022/09/18

かの有名な文豪・宮沢賢治がつづった、この詩。教科書などで、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「そういうものに わたしはなりたい」という文で終わるこの詩は、宮沢賢治にとっての『理想の姿』を表現していると言われています。

1/6
前のページ
1/6
次のページ